最新インプラント症例ブログ

カテゴリー: 歯科の記事一覧
2007年1月31日

歯周病のついて:4

歯周病のついて:4

今日も歯周病の話しです。
昨日は歯周ポケット内部に侵入した歯周病細菌が歯と歯肉をつないでいるシャーピー線維というものを破壊し、さらに内部に侵入していくお話をしました。
また汚れの塊である歯肉縁下歯石は歯の根にべったりとへばりつき根の内部にも細菌が侵入していくことをお話しました。
今日はその続きになります。
歯周ポケット内部にどんどん侵入した汚れと歯周病細菌に対して身体は戦うことになります。
『歯周病について:2』でお話した好中球や白血球といった血液の成分です。
歯周病細菌と戦うために多くの血液成分が集まってきます。
そして歯周病細菌とたたかうのです。
戦った結果、相打ちで死んでしまった死骸が『膿み』なのです。
膿みが出ているということは歯周ポケット内部で細菌が繁殖をし、シャーピー線維を破壊し、根の内部にも侵入し、身体(血液の成分)と戦っているということです。
良い状態ではありません。
歯周病はかなり進行しています。
歯周ポケットは5mm以上にはなっています。
出血もあるかもしれません。
現在、膿みがでている状態の方は早急に検査をし、治療が必要です。
明日もこの続きです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月30日

歯周病のついて:3

歯周病のついて:3

昨日は歯周ポケット内部に侵入してきた汚れ(歯周病細菌)を退治しようと血液の成分である好中球が集まり、戦うとういう話しをしました。
今日はその続きです。
歯と歯肉はシャーピー線維と言われるものでくっついています。
この線維は歯と歯肉をしっかりと結んでいるものです。
歯肉の内部に侵入してきた歯周病細菌はこの線維を破壊します。
シャーピー線維が破壊されると歯周ポケットはさらに深くなっていきます。
この時、腫れもでてきている状態です。
内部に侵入してきた歯周病細菌は汚れの塊です。
この汚れの塊は歯の根にべったりとへばりつきます。
この歯の根にくっついた歯周病細菌の塊である汚れを『歯肉縁下歯石』と言います。
歯肉縁下歯石の内部に生存する歯周病細菌は歯の根の中にも侵入していきます。
また後日お話しします歯周炎の治療の一つがこの歯の根に付着した汚れの塊の除去です。
この歯肉縁下歯石は取除くのが非常に大変です。
歯肉の深い中に存在しますのでもちろん歯ブラシでは取れません。
こうなると歯周病専門の治療が必要になってきます。
早い段階で歯肉縁下歯石を除去できれば大きな問題にはなりませんが、歯周ポケットの深い部分に侵入すると中々取除くのは困難になります。
また歯を支えている骨まで溶かしてしまうのです。
現在歯肉が腫れている、出血があるという方はすでに歯周病になっているのでできるかぎり早期に治療を開始する必要性があります。
どの程度進行しているかは歯周ポケット検査とレントゲン撮影を行えばわかります。
歯周ポケット検査で深さが5mm以上あればすでに歯周病です。

また明日もこの続きです。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月29日

歯周病のついて:2

歯周病のついて:2

 今日も昨日の続きです。
昨日は歯と歯肉の境目についた汚れは内部にどんどんと侵入し、内部で増殖するという話しをしました。
またその汚れは嫌気性細菌と呼ばれる歯周病細菌であることもお話しました。
今日はその歯周病細菌がさらに内部に侵入した後に起ることをお話しします。
歯周病細菌がさらに内部に侵入すると身体の内部からこうした細菌をやっつけようと好中球や白血球と言いわれる血液の成分が集まってきます。
毛細血管と言われる細い血管を歯周病細菌をやっつけようといっぱい集まってくるのです。
血液が大量にあつまるわけですから見た目には赤く見えます。
これが炎症です。
歯肉が赤く腫れぼったく見える現象です。
歯肉が赤く腫れていたら歯周ポケット内部ではこのようなことが起っていると思って下さい。
また出血があるということは生体内部(ポケット内部)で集まってきた好中球が歯周病細菌と戦っているということです。
出血がある時はすでに身体の中で戦いが起っているのです。
この腫れるのが本当に初期の段階であれば徹底した歯ブラシを行い、簡単な治療(歯石を除去する等)を行えば歯周炎は治ります。
しかし、歯周病細菌がさらに内部に侵入してくると問題が起ります。
明日はこの続きです。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2007年1月28日

歯周病のついて:1

歯周病のついて:1

 今日から違う話題です。
歯周病(歯周炎)についての話しです。
歯周炎の診断方法として歯周ポケット検査というものがあります。
もともと歯と歯肉はくっついていなく、わずかな隙間(深さ)が存在します。
その隙間(深さ)のことを『歯肉溝』といいます。
歯周炎ない健康な状態の歯肉はこの歯肉溝(歯肉溝の深さ)が1〜2mm程度です。
歯周炎の成立ちはこの歯と歯肉の境目に汚れがつくことから始まります。
歯ブラシが100%できればこの境目についた汚れは完全にとれるわけですが、実際には完全にこの汚れを取ることは難しいものです。
取り残した汚れ(内部に歯周病細菌がひそんでいます)はこの溝の内部にどんどんと侵入していきます。
多少この内部に汚れ(歯周病細菌)が侵入しても生体は汚れ(歯周病細菌)を排除する働きがあります。
まず歯肉溝から体液が流れ出し、侵入した汚れ(歯周病細菌)を洗い流してくれます。
この液体を『歯肉溝侵出液』と言います。
多少の汚れ(歯周病細菌)はこうした液体で洗い流されますが、大量の汚れ(歯周病細菌)はそうはいきません。歯肉溝侵出液の洗い流す力を越え、更に内部に侵入しています。
汚れ(歯周病細菌)は外よりも歯肉の内部の方が住みやすいので歯肉の内部で歯周病細菌は増殖していきます。
歯肉の内部で増殖するような歯周病細菌を専門用語で『嫌気性細菌』と言います。
『嫌気性細菌』は酸素があるところを嫌います。酸素がとどかない深い歯肉溝内部でどんどんと繁殖していきます。
悪者ですから暗いところが好きなんですね。
『嫌気性細菌』が入り込んだ深い歯肉溝(病的な歯肉溝)を『歯周ポケット『と言います。
溝の深さは3mm以上になっています。
歯周病になるためにはこの歯周ポケットの内部でさまざまなことが起ります。
明日は歯周ポケット内部で起るさまざまなドラマについてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター




2007年1月8日

世界中で歯科治療の考え方はだいぶ違います

世界中で歯科治療の考え方はだいぶ違います。

一つの症例をディスカッションする時、それぞれの国により治療方針はだいぶ違います。
例えば日本、ヨーロッパ、アメリカだけでもだいぶ違ってきます。
治療方針の違いがでてくる原因として医療費の問題があります。
御承知のとおり日本では歯科治療のほとんどは健康保険が使用でき、患者さんは治療費の一部のみを支払うことになります。
アメリカでは例外はありますが、歯科治療は基本的に自費診療となります。
例えば、歯周病の歯があったとします。
日本では保険診療を使用すると状態にもよりますが、1本あたり数千円で治療可能になります(実際には1本単位ということにはなりませんし、歯周病の状態により違います)。しかし、アメリカでは自費診療になりますのでそれなりの費用がかかります。
アメリカで歯周病の治療を行った後、もし治療した歯がダメになったとします。
患者さんは高額な治療費を払ったのにダメになればショックですし、抜歯後の治療費(義歯にするとかインプラントにするとか)もまたかかります。
歯周病でダメになった場合には歯を支えていた骨の吸収も起っており、その後にインプラントを選択する場合には不利(治療困難)になります。
初診時の治療計画の選択に誤りがあったのではないかということで場合によっては歯科医師が訴えられることもあります。
初診時にダメになる可能性があったなら何故行ったのか?歯周病治療以外の選択肢はなかったのか?等です。
そう考えると重度歯周病であった場合、無理に残すよりはできるかぎり早期に抜歯し、(骨が吸収しないうちに)インプラントとした方が良いという考え方になります。
また確率の問題にもなります。
重度歯周病の生存率とインプラントの生存率です。
基本的な考えとしてアメリカでは確率の低い治療は第一選択肢にはなりません。
そう考えると問題のある歯はどんどんと抜歯し、インプラントにした方が確率的に予後が良いとも考えられますし、歯科医師も予知性のある治療を説明したとして、もしインプラントがダメになっても治療方針という点では訴えられる可能性も低くなります。
患者さんにとっても成功率の高い治療法を選択した方が最終的には治療費もかからないかもしれません。治療にかかる期間や回数も少なくできます。
しかし、日本では確率の問題だけで抜歯するかどうかの選択肢になることは少ないと思います。
治療費という点でもそうです。
先程説明しましたように歯周病の治療は保険診療で行えます。
しかし、インプラントをしたとすると1本で30〜50万円程度かかります。(自費診療ですので医院によって違います。)
患者さんとしては歯周病の治療を行っても1〜2年程度しかもたないのであれば別ですが、ある程度の期間もたすことができればインプラントよりも歯を保存する方のが多いと思います。
しかし日本でもし、歯周病の治療に1歯30万円かかたとします。
数年しかもたないとすれば歯周病の治療を選択する人はだいぶ少なくなると思います。
日本とアメリカどちらが治療方針とし正しいかということではなくその背景にはさまざまなことがあり、最終的には総合して考えることになります。
私個人の考え方としては天然歯はできる限り保存していきたいと思っています。
歯周病の治療(場合によりGTR法やエムドゲイン法等の再生治療)を行えば改善できる歯も多くあります。
しかし、場合によっては抜歯せざるえないこともあります。
歯周病が進行しすぎてしまった状態です。歯周病の治療を行っても改善が認められないような状態になってしまうと残念ながら抜歯しかありません。
逆にこのような状態を放置すると他の歯にも歯周病細菌が感染してしまいます。
また歯の周囲の骨もどんどんと吸収してしまい。最終的に抜歯となった場合、次の治療が困難になってしまいます。
義歯を作製するにも骨の吸収のため安定が悪くなり、インプラントを行うにも骨が痩せてしまい、骨の移植手術が必要になります(あまりにも骨の吸収が進行しているとインプラントができない場合もあります)。
患者さんの中には歯周病の進行が著しく、抜歯しかない状態であったとしてもどうしても抜歯を避けたいという思いで、そのままにしておく方がいらしゃいます。最終的に強い痛みや自然脱落したりして歯を失うことになりますが、その時には周囲の歯にも歯周病細菌が感染してしまっており、他の歯も抜歯せざるをえない状態になります。また先程書きましたように骨の吸収も起り、次の治療を難しくしてしまいます。
重度に進行した歯を残すことは難しいことで早期に抜歯した方が良いことも多きあります。
最終的な判断は私達歯科医師の立場から考えることだけではなく、現在の歯の状態や治療方法、治療費、将来性、歯を残すことの利点、欠点等を患者さんにお話し、十分納得され上で決めていきたいと思っています。
単に生存率や確率等で決めるものではありません。

この続きはまた書きたいと思いますが、今週は論文の締めきりが近づいているため1週間程度ブログを休ませていただきます。
再開は1/15(月)を予定しています。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2007年1月7日

喫煙と歯周病の関係

喫煙と歯周病の関係

昨日の続きです。
歯周病と喫煙は非常に大きな関係があります。
詳細はHPの歯周病の中に書いてありますが、ここでは少し違ったお話をしたいと思います。
私達は症例検討会や症例報告会ということをよく行っています。
一つの症例に対し、さまざまな先生の意見を聞き、ディスカッションすることにより適切な治療方針を立てること、治療が終了した症例を何年にもわたり経過をおっていくことを報告することにより自分自身が行った治療を振り返ることができ、適切な治療であったかということを再度見直すことが目的となります。
また他の先生が発表した症例をとおして知識を得ることも大切な目的です。
その際に重要なことの一つが喫煙です。
例えば、重度の歯周病の症例の検討をしたとします。
場合により喫煙者と非喫煙者では治療方法も変わってくることがあります。
歯周病のため歯を支えている骨が高度に吸収している場合、抜歯かどうかの判断基準として喫煙の有無があります。
重度歯周病であったとしても骨の再生治療であるGTR法(GTRの詳細はHPを参考にして下さい)を行えば、抜歯しなくてもよいケースもあります。しかし、喫煙者であるとGTR法の効果も低いですし、歯周病の治療後の再発率も高くなります。
そうした場合には無理にGTR法を行わず、抜歯という選択になることもあります。
喫煙者は歯肉の治りが悪いからです。

こうした話しをするのは喫煙は明らかに歯周病やインプラントにとってリスクのあることですのでできるかぎりリスクを減らすことをしていただきたいのです。
時間をかけて治療しても後にダメになってしまうのは悲しいことです。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2007年1月3日

歯科と喫煙

歯科と喫煙

喫煙が身体に悪いということはみなさん御承知のことと思います。
肺癌はもとより他の呼吸器疾患の原因及び増悪因子として最も重要であるばかりか、動脈硬化、虚血性心疾患、糖尿病など多くの成人病の危険因子であることは周知の事実です。

現在歯科と喫煙について得にインプラントと喫煙についてまとめているところです。
明日から何回かに分けてお話いたいと思います。

第一回目の明日はインプラントの基礎ページにて新しくアップしますのでそちらを御覧になって下さい。

まだ年初めなので今日はこれでおしまいです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年12月29日

歯周病の治療にかかる費用

歯周病の治療にかかる費用

歯科治療のほとんどは保険診療で行えます。
歯周病の治療も特殊な治療(GTR法やエムドゲイン法の再生治療等)を除いては保険が適応されます。
歯周病の治療はその程度により治療回数も治療費もまったく違ってきます。
本当に軽度であれば1〜2回の歯石の除去のみで終了できます。
治療費も検査を含め3000円程度です。
しかし、重度歯周病であれば治療期間は1年程度かかることもあります。
保険診療ですので1回の治療費が何万円ということはありませんが、歯周外科治療等を行うと1回に5〜6千円程度かかります。
時々『歯周病の治療はいくらかかりますか?』という質問があります。
非常に難しいことです。
先程書きましたように歯周病の程度によりまったく違いますので、正確に
お答えするのは困難なことです。
日本の保険診療は『歯周病の治療1回でいくら』という設定にはなっていないからです。
しかし、患者さんにとっては治療費がわからないと心配があるかと思います。
御心配な場合には一度検査を受けた後、担当歯科医師にどれくらい治療回数がかかるのか?治療費は?といったことを相談されて下さい。
歯石の除去に何回で1回この程度治療費がかかります。歯周外科処置になった場合、1回この程度の治療費がかかります。といったことがお話できるかと思います。
このようなことを治療中に話すのは言いにくいと思うかもしれませんが、そうした御心配はされないで下さい。
患者さんがわからないことを歯科医師がお話するのは当然のことであり、それは治療内容だけでなく、治療費もそうです。
逆にこうしたことをしっかり説明してくれない先生は問題があると思います。
治療内容だけでなく治療費等のことも親身になって相談にのってくれる信頼性のある先生に治療してもらうことが大切です。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月27日

歯周病は予防できるかの?

歯周病は予防できるかの?

現在歯周病にかかっていなければ今後のケアーしだいで予防は十分可能です。
しかし、現在歯周病になっている状態であればいくらがんばってブラッシングをしたとしても自然に完治することはないので、一度きちんと歯周病の治療を行い治すことが必要です。
歯周病は自覚症状がでにくいので何でもないと思っていても進行していることがあります。
また歯周病になって一度治療したとしても再度歯周病になる可能性もあります。
基本的に歯周病は再発する可能性が高いので御自身でのブラッシングのみでは完全に予防することは難しいものです。 
定期的に検査を行うことが大切です。
定期検査の期間は問題がない方であれば1年に1回でもよいでしょう。
重度歯周病になった方では治療終了後3ヶ月に1回程度になるかと思います。
定期検査の期間は個人差がありますので担当歯科医師と十分お話の上、無理のない期間(生涯にわたって行うため)で行うことが必要になります。

今日のテーマである『歯周病は予防できるのか?』の答えですが、歯周病を御自身のケアーのみで完全に予防することは難しいことです。
そのため定期検査は非常に大切になってきます。
定期検査(メインテナンス)の詳細については歯周病のページを御覧になって下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月26日

歯周病の病態分類

歯周病の病態分類

単に歯周病といってもその原因によりいくつもの病名に分類されます。
一般的に日本ではこの分類をアメリカの歯周病学会とヨーロッパで使用されているものを
使用します。
私が大学時代に使用してきた分類は今では使用されていません。
大幅に変更になっています。
以前は若年性歯周炎とか急速進行性歯周炎といった分類がありました。(現在は名称が変更になっています)
分類されていた理由は発症する時期や存在する最近の種類等によるものです。
時々同じ歯科医師同士で話しをする時、未だに以前の分類で話しをする先生がいます。
正直、『知らないのか?』、『勉強していないな?』と思ってしまいます。
根本的には分類名が変わっても治療方法が変わるわけではないので問題はありませんが、どうかな?と思います。
勉強意欲をなくしたらいけません。
大変ではありますが、日々情報を得る努力は必要です。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP