最新インプラント症例ブログ

2006年12月25日

科学的根拠のある治療

科学的根拠のある治療

医療は日々進歩しており新しい治療法や新しい材料が発表、開発されています。
新しいことはすばらしい反面、臨床での応用期間(臨床実績)が少ないため後に問題となったり、効果がないといったことで自然に消滅していくことがあります。
これは医療の世界だけにかぎったことではなく、どのような業界でもあることです。
新しい治療法や新しい素材が開発されてた時、それがどれだけ効果があるのか?基礎研究はきちんとなされているのか?基礎実験があればその研究はどれだけ信頼性があるのか?等を歯科医師自身がきちんと見極めていくことが大切です。
そのようなためベースとなっている論文を読みます。
私自身は以前大学病院に勤務していましたので、論文は図書館に行ったり、論文が掲載してある雑誌が医局にあったりして調べるのは簡単でした。
しかし、今は開業をしているため新しい情報を得ることは結構大変です。
ちょっと大学の図書館に…というわけにはいきません。
そこでインターネットです。
便利ですね。
歯科論文を専門にあつかっているサイトがあります。
病院や自宅にいながら簡単に得ることができます。
こうしたことがなければ大変です。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月24日

今日はクリスマスイブです。

今日はクリスマスイブです。

今日はクリスマスイブですね。
クリスチャンではありませんが、一応家でパーティーをします。
クリスマスケーキにチキン(ターキーではなく鶏ですが…)、シャンパンといったところです。
さすがにサンタクロースの格好はしません。
まあなににせよ楽しいことは良いことです。
あまり考えずに楽しみましょう。

今日はクリスマスイブということでこんな話しですみません。
また明日から歯科情報について話したいと思います。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月22日

虫歯はどこまで予防できるのか?

虫歯はどこまで予防できるのか?

歯ブラシを毎食かかさず行えば虫歯にならないのか?ということですが、そうでもありません。
虫歯は歯ブラシの問題だけでなく、細菌の質や唾液の性状等さまざまな因子があります。
そのため虫歯になりやすいかどうかのリスク検査を行う必要性があります。
こうした検査はできるかぎり子供のうちに行うことが大切です。
そして予防方法をきちんと身につければ虫歯になるリスクはぐっと減ります。
虫歯にならなければ歯科医院に行く時間も節約できますし、治療費もおさえられます。また将来的に入れ歯になるリスクも低くなります。
いいことだらけです。
現在小さなお子さんがいる方は是非この虫歯のリスク検査を受けて下さい。
唾液検査とも言います。
このような検査を行っている歯科医院はだいぶ増えてきています。
受診される前にあらかじめそうした検査を行っているかどうか、費用はいくらかかるのか等を聞いておくことが大切です。
唾液による虫歯のリスク検査は保険が効かないめ医院により違いますが一般的に5000〜10000円程度かかります。
歯科の治療費としては高いと思われるかもしれませんが、虫歯になり何度も歯科医院に通院することを考えれば安いものです。

ちなみに当医院では小児歯科は行っていません。
申しわけありません。


インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年12月21日

歯の神経は取らなければならないのか?

歯の神経は取らなければならないのか?

虫歯で歯の神経を取らなければならないことがあります。
できれば神経を取らない方が良いのですが、虫歯が深くしかたがないことがあります。
最近テレビ等で虫歯の画期的な治療方法として3-Mix という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
非常にすばらしい治療であるように宣伝されています。
たしかにこの治療法はすばらしいものであると思いますが、全ての症例に適応されるわけではありません。
どちらかというと本当に適応される症例は限られています。
当医院でも3-Mixを使用した治療は行っていますが、頻繁に行う治療ではありません。
適応症を間違えると効果がないばかりか後に問題を生じることもあります。
神経を取ることになった場合、どのような治療法があるのか等を十分聞いておく必要性があります。
神経を取ったり、歯を削ったりした後では元に戻りませんから。
御自身の歯ですから大事にしたいものです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月20日

歯が1本もない方の治療

歯が1本もない方の治療

歯が一本もない方で入れ歯をされているが違和感があったり、入れ歯が落ちてきたりして使用ができない方がいらっしゃいます。
インプラントを使用すれば入れ歯ではなく、固定式になりますが、治療費がかかります。
そこでインプラントを2〜3本埋入しそれと義歯をつなぐ器具を取り付けるという方法もあります。
これにより義歯とインプラントは強固に固定されますので、義歯が落ちてくるということはありません。また固定が強いため義歯を非常に小さくできるという利点があります。上顎の場合には義歯の口蓋の部分を取除くことができ、通常の義歯とははるかに小さくできますので、違和感はかなりなくなるかと思います。
このようにインプラントにはさまざまな利用方法があります。
歯がなくて困っている。入れ歯が不自由である等でインプラントを御検討の方はどのような治療方法があるのか通院されている歯科医院の担当歯科と御相談されて下さい。
きっと患者さん個々に合わせた治療法があるはずです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年12月19日

インプラント治療滅菌3

インプラント治療滅菌3

今日もインプラント治療における滅菌続きのです。

インプラント手術を行う際には手術着を着用します。
もちろん滅菌されたものです。当医院ではディスポーザブルのものを使用します。
前回は専用の手術室がなくても条件さえそろえば問題なないという話しをしました。
しかし、この手術着はやはり専用の物がよいかと思います。
通常診療している時に着用している白衣は色々な削りかすやホコリがついています。そのためそのままの白衣で手術することはいいことではありません。
また帽子(手術キャップ)も必要です。髪の毛にもホコリはつきますから。
ホコリは目に見えないものですが、手術には非常に影響します。
また手術器具を置く台やその周辺にも滅菌されたシートを敷きます。また患者さんの顔や衣服の上にも滅菌されたシートを敷きます。当医院ではこれらも全てディスポーザブルです。
徹底した衛生管理こそ手術成功の第一歩です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター



2006年12月17日

インプラント治療における滅菌:2

インプラント治療における滅菌:2

昨日は衛生管理がきちんとしている歯科医院が良いという話しをしました。
今日はインプラント治療を行うのにどこまで注意した方が良いのかというお話をしたいと思います。
まずインプラントを行う場所です。
もちろん専用の手術室を備えていることが良いですが、増えてはいるものの全ての歯科医院に手術室があるわけではありません。
手術室がない歯科医院の方が圧倒的に多いかと思います。
インプラントは外科処置ですので手術室で行う必要性がありますが、手術室がない歯科医院でもインプラントは可能であると考えています。
インプラントの中でも簡単な治療で20〜30分程度で終了するような手術であれば通常の歯科診療台でも問題ないかと思います。
しかしそれには条件があります。まずインプラントを行う前に徹底して診療台を滅菌薬等できれいにすること、またインプラントを行っている隣で歯を削っているような環境ではないこと、病院内が比較的ほこりのたたない空気のきれいな時間帯(朝一番とか)に行うこと等が一つの条件かと思います。
今まで通常に歯を削っていた場所で、滅菌管理もせず、隣では普通に診療しているような環境では良い治療はできません。
インプラント治療を受けられる際には専用手術室ではなくてもどのような環境で行う(治療の時間帯も…)のか聞いてみるとよいでしょう。
インプラント手術に際してどれだけ先生が注意をしているかということは大切ばことです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月15日

インプラント治療における滅菌

インプラント治療における滅菌

インプラント治療は外科治療です。
インプラントが成功するためには衛生環境はかかせないことです。
当医院では外科処置を行う際には手術室を使用します。
空調や器具、全てにいたるまで管理された手術室です。
以前はこうした手術室は個人の歯科医院にはあまりありませんでした。
患者さん自身も歯科医院に手術室があるとは考えてもいないと思います。
しかし、今では手術室を備えた歯科医院はだいぶ増えています。
医療従事者の衛生管理の意識も以前と比較するとかなり変わってきています。
もし私が病院にかかるとしたら汚い病院は嫌ですからね。
患者さんを診る時に使い捨てのグローブは使用するのは当たり前の時代です。
今でも時々素手で診療している先生がいますが、これはいけません。
感染予防対策として最低限のことです。
歯科医院を選択する時、汚い、感染予防対策がきちんとしていない病院は避けた方が良いでしょう。
私は間違いなくそうした医院にはいきません。
明日も滅菌についてです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月14日

技術取得

技術取得

当医院にはインプラントや歯周病の治療を行っているところを勉強したいと思い、見に来る先生がいます。
歯周病は大学時代に勉強しますが、やはり大切なのは教科書ではなく臨床現場です。
歯科大学を卒業し、歯周病を行っている歯科医院や大学病院の歯周病科等に就職すれば別ですが、歯周病治療を積極的に行っていない歯科医院に就職すると歯周病治療を知らないままになってしまいます。
そのためそうした先生は勉強となる歯科医院に見学しながら学んでいきます。
当医院でもそうした受け入れを行っており、一人でも多くの若い先生が学べれば良いと思います。
私自身も大学を卒業した後、大学病院の歯周病科に入局し、先輩の先生に毎日いろいろと教えられ、鍛えられたものです。
そうした知識や技術を次の世代に伝えることも大切なことと考えています。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月13日

歯周病の治療は大変なのか?

歯周病の治療は大変なのか?

歯科治療は麻酔をしたり嫌なものです。
そのため歯科治療を中断された経験がある方は多くいらしゃると思います。
よく歯周病治療の検査や治療計画の説明の時に聞かれることがあります。
『歯周病治療は痛いのですか?』、『歯周病治療は大変なのですか?』という質問です。
歯周病治療の内容についてはHPの歯周病の項目を参考にしていただきたいと思いますが、簡単に説明しますと歯周病の初期の段階では歯石を取ったりするだけです。この治療自体は痛はほとんどありませんし、さほど大変な治療ではありません。
歯周病が中程度になってくると歯石は歯肉の奥深い部分まで侵入していますので治療は若干大変になります。
そのまま歯石を取ると少し痛いので麻酔をして行います。麻酔さえすれば痛みはまったくありません。
しかしこの麻酔は嫌なものです。
そのためできるかぎり痛くない麻酔を心掛けています。
麻酔の前に歯肉を麻痺させる塗薬を使用したり、麻酔も痛くないように注射しますのでさほど心配はありません。
重度の歯周病になると歯周外科処置という治療を行う必要性があります。
外科処置というと恐い感じがしますが、もちろん麻酔をしますので御心配されないで下さい。
結論的に歯周病治療は痛みに対しては必要に応じて麻酔を使用しますので御心配はいりませんが、治療の回数はその程度にもよりますがある程度かかります。
なんども通院するのは嫌だなと思うかもしれません。しかし、歯周病は放置すればするほどその後の治療は困難になりますし、場合により抜歯することにもなります。
歯がなくなると入れ歯を使用することにもなります。もちろん噛めなくなります。そうしたことを考えれば少し大変でも早めに歯周病治療を受けた方が良いでしょう。
なにごとも早め、早めが予防の基本です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP