最新インプラント症例ブログ

2006年12月3日

歯周病の予防

歯周病の予防
今日は昨日お話しました歯の予防についてです。

当医院に来院されるほとんどの患者さんは歯周病の治療とインプラント治療です。
毎日、歯周病の治療を行っていると80〜90%の患者さんは通常の治療で良くなります。
しかし、10%程度の患者さんでは治療の反応が良くないもしくは治療後のメインテナンスで高頻度に再発するといったことがでてきます。
こうした歯周病の治療に反応が良くなかったり、再発傾向が強い患者さんを
『ハイリスクな歯周病』としています。
このような患者さんを治療するのは困難なことで、治療はやはり歯周病専門医が行うことが必要であると考えられます。
しかし、先程80〜90%の患者さんは通常の治療で良くなる(改善が認められる)と書いたように徹底した歯周病治療さえ行えば、良くなります。
またこうした患者さんは以前から適切なブラッシングが行われていればおそらく問題は起らなかったであろうと予想されます。つまり歯周病の予防さえできていればならなかったということになります。
多くの場合歯周病は生活習慣の改善とブラッシングにより予防は十分可能なのです。
また歯周病になってもある程度進行しないと自覚症状はないので時々検査を行い、問題がないかチェックすることが大切です。
歯周病の検査はどこの歯科医院でも行えるものですので30歳を過ぎたら、1年に1回はチェックされた方が良いかと思います。
検査は簡単なものですので今まで受けられたことがない方は是非受けて下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月2日

世界各国の歯科事情

世界各国の歯科事情

昨日は日本の保険医療では虫歯の治療を行った後の被せ物は奥歯では金属製の物しかできないという話しをしました。
保険診療以外では高額な治療費となります。
それでは世界中の歯科医療費はどうなっているのでしょうか?
世界的にみて日本ほど歯科医療が充実している国はありません。
ほとんどの治療が保険診療でできます。
多くの国では歯科医療は保険がきかないもしくは虫歯等の簡単な治療しか保険がききません。(低所得者や障害をもっている方には保険が適応されることもあります)
アメリカでは州により違いますが、歯の神経を取除くのに5〜10万円程度かかる場合があります。ちなみに日本では保険診療で1000〜2000円程度です。
またこの前仕事でカナダにいた方が向こうで親知らずを抜歯したら『10万円かかった』といっていました。
もりろん歯科診療が保険で行える国もあります。しかし、多くの国でその制限があり、虫歯や小さな詰め物はできるが、型を取って被せるものとなると保険がきかない国がいっぱいあります。
そう考えると日本の歯科医療は充実していると思います。
しかし、昨日から話しているように日本でも保険がきかない診療もあります。
当医院で行っているインプラントもそうです。
インプラントを行いたいという患者さんは歯がなく、食事がしずらいということがあり、高額な治療費がかかってもインプラントを希望されます。
もちろんインプラントをしない方が大変なこともなくよいことですが、どうしても食事ができない方にはしかたがないことです。
一番良いのは歯がなくならないようにすることです。
つまり『予防』です。
歯がなくならないように日々どれだけがんばれるかということです。
明日は歯の予防方法(歯周病の予防)についてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター

2006年12月1日

虫歯の治療の後は金属の被せ物?

虫歯の治療の後は金属の被せ物?

一般的に虫歯の治療を行うと金属の被せ物や詰め物になります。
これは型を取るものとしては保険診療では前歯6本を除く部位には金属製の被せ物や詰め物しか認められていないからです。
奥歯(型を取ったもの)で白い歯となると自費診療になってしまいます。
その治療費は材質や歯科医院により異なります。
歯全体を被せるものでおおよそ5〜15万円程度です。
治療費としては高額なものになってしまいます。
何故こんなに高いのかといいますと、作製する歯は完全にオーダーメイドだからです。
そのため1つの歯を作製するのに非常に時間かかります。
奥歯で歯を全体的に被せる物としては保険診療では金属しかありませんが、
小さい虫歯であれば保険診療でも白い詰め物ができます。全ての虫歯に対応できるわけではありませんが、噛み合わせに問題がない状態の小さな虫歯であれば可能です。
治療も比較的簡単なものです。
虫歯を取除き、その部分にレジンといわれる樹脂を詰めるだけです。治療は通常1回で完了します。
虫歯も小さな段階であれば治療回数も少なくてすみ、治療費もおさえられるのです。
早めの診査が大切です。
明日は世界中の歯科医療の実情ついてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年11月29日

歯の根が割れる原因

歯の根が割れる原因

昨日のブログの続きです。
歯の根が割れる原因として『神経がない』ことがあげられます。
神経のない歯は脆く、通常の噛む力でも割れる可能性があります。
虫歯等で歯の神経を取除く時、神経だけではなく、歯の根の中に存在する血管も取除くことになります。
以前にブログでも書いたことがありますが、血液の通っていない歯を例えてお話すると『枯れた木』です。『いきいきとした木』はもちろん水分が通っていて、太い木は蹴っても折れたりすることはありません。
しかし、『木枯れた木』は水分が通っていなく、蹴ったりすると折れてしまうことがあります。
血液の通っていない歯も同じように力に対して弱くなっているのです。
できれば歯の神経は取らない方が良いのですが、虫歯が深くどうしても取除かなければならないこともあります。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年11月28日

予防につて

予防

歯を失う原因は大きく分けて、虫歯、歯周病、歯の破折があげられます。
今日はこの中で歯の破折についてお話したいと思います。
歯が破折した場合、どの部分で破折したかがその後の治療に大きく左右します。
歯冠部分であれば大きく問題となることはまずありませんが、歯の根が割れてしまった場合には大変です。
歯の根が割れてしまった場合、割れた場所や大きさにもよりますが、ほとんどの場合、抜歯となります。
この割れた部分がくっつかないかということになりますが、基本的には難しいことです。
割れた部分を接着剤等で着けることは可能ですが、噛む力により着けた部分は再度割れてしまいます。
噛む力は非常に強いもので、いくら接着剤で着けてもたえることは難しいのです。
また根が割れてからどれくらいの期間がたっているのかも重要になります。
根が割れてすぐであれば修復可能な場合もありますが、現実問題として根が割れてある程度たってから来院されることがほとんどです。
また根が割れた状態で放置することは危険なことです。
割れた部分から血液等が入り込み、内部で感染を起こし、膿みをもちます。
膿みは根の周囲の骨を吸収させます。
歯の根が割れて時間がたった状態で来院され、その後インプラントを希望される患者さんも多くいらしゃいます。そうした場合、すでに根周囲の骨が吸収してしまい、抜歯後にインプラントができないもしくは困難をきたすことが多くあります。
歯の根が割れた場合には早急の対応が必要です。
明日は根が割れる原因についてです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年11月27日

インプラント治療のおける審美治療の難しさ

インプラント治療のおける審美治療の難しさ

インプラント治療を審美的に行うことは非常に難しい場合があります。
インプラントをするということはそこに歯がないということになります。
歯がなくなるということは歯がなくなる原因があったということになります。
歯を失う原因の一つとして歯周病があります。
歯を支えている骨が吸収してしまうことで起る問題です。
歯周病を長い間放置すると骨は吸収します。骨が吸収すると歯肉が下がり見た目には歯が長くなった状態に見えます。
その状態で抜歯し、インプラントを行っても同様に歯が長い状態になってしまいます。
それではこの吸収してしまった骨をもとの状態に回復できないかということになりますが、吸収の程度により回復させることはできますが、吸収が大きい場合には困難となります。
そうした場合には長い歯になってしまうため長くなってしまった部分を歯肉と同様の色にして見た目を補います。
しかし、元の状態ではないので完全に審美的に治療することは困難になります。
やはりこのような状態にならないように歯周病は放置しないで初期段階で治療するか、完全にダメな歯は早期に抜歯することが大切です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年11月26日

1回法と2回法

1回法と2回法

インプラントの治療法には1回法と2回法があります。
1回法はインプラントの埋入手術の際にインプラントの頭の部分を歯肉の上に出した状態で終了する方法です。
2回法はインプラント手術の際にインプラントを完全に歯肉の中に埋込む方法です。
2回法の場合、インプラントは歯肉の中に埋込まれますのでインプラントと骨が結合した後に再度歯肉を切開し、インプラントの頭の部分を出さなければなりません。
この口腔内に出された頭の部分に最終的な被せ物と結合するための土台が装着されます。
こうした話しをすると1回法の方が手術の回数が少なく良い方法と思われますが、全ての症例に1回法が行えるというわけではありません。
まずインプラントのメーカーにより違います。
始めから2回法で行うように設計されているインプラントは2回法で行います。
(2回法のシステムでも1回法と同様に使用されることもあります)
また治療術式によっても違います。
1回法のインプラントでも骨の再生治療(GBR法)等を併用する場合には2回法にすることもあります。
患者さんにとってはできるかぎり少ない治療回数で行えることは重要なことです。
そのため当医院ではできるかぎり1回法で行える方法をとっています。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年11月25日

歯周病細菌による感染

歯周病細菌による感染

歯周病を放置するとその細菌は他の歯に感染します。
歯周病は歯ブラシのしにくい奥歯から起ることが多く、治療をしないで放置すると口腔内全体に細菌は感染します。
もちろんインプラントにも感染します。
この感染は初期の段階では自覚症状がないため気がついた時には抜歯しなければならない状態になっていることがあります。
歯周病を予防する方法としてブラッシングが大切ですが、100%歯ブラシが行える方はいません。
またいくら歯ブラシをがんばっていても歯周病になりやすい人もいます。
これは生体の免疫力や遺伝因子、喫煙、糖尿病等の全身的な病気、噛み合わせ等さまざまなことがあるからです。
そのため早期発見、早期治療が大切になってきます。
自覚症状がなくても理想的には半年に1回、せめて1年に1回は歯科医院にて歯周病の検査をされた方がよいかと思います。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年11月24日

インプラントの被せ物は基本的に消耗品です

インプラントの被せ物は基本的に消耗品です。

インプラントの被せ物には大きく分けてセラミック、ハイブリッドセラミック、金属の3種類があります。

これらの被せ物は毎日噛むことにより必ず磨り減るのです。もちろん噛む力には個人差はありますし、歯軋り有無や程度によっても違いますが、必ず少しずつ磨り減ります。
靴に例えると毎日使用していれば靴底は磨り減ります。
磨り減り方には個人差があり踵の部分が磨り減ったり、内側のみ、外側のみ、右側、左側と磨り減ったりします。
口腔内も同様に右で良く噛む人は右側が磨り減ったりします。
また歯軋りやくいしばりがある方は磨り減り方が大きいものです。
ですから被せ物は消耗品です。
20歳でセラミックをした人はその形態が60年、70年と不変であることはありません。
噛む力によってはセラミックに日々負担がかかり、かけたりする場合もあります。
特にインプラントは天然歯と違い歯根膜というクッションのようなものが存在しないため噛んでも動かない(沈み込まない)ので噛む力が直接インプラントの被せ物にかかります。
被せ物を装着した時にはそうなならいように噛み合わせの調節を行いますが、時間の経過とともに噛み合わせは変化し、インプラント部に負担がかかってくることがあります。
こうしたことを少しでも防止するためには被せ物を金属性の物にすることが考えられます。金属製の被せ物は見た目にはよくないですが、かけたりすることはありません。磨り減り方も少なくインプラントの被せ物としては有効なものです。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年11月22日

医院によりインプラントと骨の結合(くっつく)する期間は違います。

医院によりインプラントと骨の結合(くっつく)する期間は違います。

このHPではインプラントと骨が結合する期間は上顎で約3ヶ月、下顎で約2ヶ月と書いてありますが、この結合するまでの期間はインプラントのメーカーにより異なります。
インプラントメーカーが推奨する期間があるからです。
上記の期間は一般的よりは短い期間です。
また患者さん個人の骨の硬さにもより違いますので完全に正確な治療期間というのは難しいことですが、インプラント治療をご希望される場合にはあらかじめどれくらの期間が必要であるのかを聞いておくことが必要です。
多くの歯科医院では治療費や治療期間、治療方法を含めた治療計画書が渡されると思います。
またインプラント治療全体の期間はそれ以外にもかかります。
例えば前歯と奥歯では違います。
前歯はインプラントと骨が結合した後、審美的な確認から仮歯で暫く経過を観察する期間がどうしても必要になります。
また歯を作製する期間も本数等により異なります。
奥歯で1〜3歯程度の欠損であった場合にはインプラントと骨が結合後型をとれば1〜2週間程度あれば被せ物は完成します。
多くの歯が欠損しており、全体的な被せ物を行う場合には被せ物の作製に1ヶ月以上の期間がかかることがあります。
またその場合、型をとってから完成までに噛み合わせの確認等で数回の来院が必要です。
単にインプラントといっても治療部位や治療本数等によりその治療期間はことなりますのであらかじめ確かめておくことが大切です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP