最新インプラント症例ブログ

2006年8月26日

インプラントのリスクファクター:喫煙

今日は前回に引き続きインプラントのリスクファクターについてお話します。
前回はインプラントと全身疾患(糖尿病)について話しました。
今回はインプラントと喫煙の関係についてお話します。

喫煙者はインプラント治療にとってリスクが高い患者さんです。
特に1日1箱以上吸われている方は非常にリスクが高いと思って下さい。
1日20本以上喫煙されている方は吸わない方と比較してインプラント後に問題(ダメ)になる確立は3倍以上になります。
インプラントを長もちさせるためには是非とも禁煙していただきたと思います。
しかし、どうしても禁煙できない方はせめてインプラント手術前後の2週間は吸わないでいただきたいと思います。
手術直後に喫煙しますと傷口に直接影響を及ぼしますので危険です。

次回はインプラントのリスクファクター(噛み合わせ)についてお話したいと思います。
この噛み合わせはインプラント治療にとって最も重要なことになります。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年8月25日

インプラント治療を困難にする因子

今日はインプラント治療を困難にする因子についてお話します。
インプラント治療を困難にするものとして全身疾患では糖尿病があげられます。
糖尿病は国民病とも言われる程かかっている方が多い病気です。
初期では自覚症状がないため放置されているケースも多く見られます。
インプラント治療においては糖尿病はコントロールされていれば問題はありませんが、コントロールされていない状態ではインプラントを行うことはできません。
現在内科で定期的に検査を行っている方であれば状態はわかりますが、先程話しましたように初期では自覚症状がないため自覚症状が少なく、インプラント治療を行うに際し、患者さんご本人は健康と思っていても問題があることがあります。
インプラント治療を行う際には問診で全身状態をお聞きしますが、もし御心配の場合には当医院で糖尿病の検査も行います。
コントロールされていない状態であるとインプラント手術後の傷口の治癒反応は悪く、感染の可能性も高くなります。またインプラントと骨が結合しないということもでてきます。
注意が必要です。
次回もインプラントのリスクファクターについてお話します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年8月23日

インプラント治療におけるGBR法:昨日の続き

今日は昨日の続きでGBR法についてお話します。

インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、 そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。 適切な状態で植立してこそインプラントの長期安定が望めるのです。
GBR 法とはインプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法です。
術式としては2つの方法があります。一つはインプラントを植立する前に骨の増大をはかる方法です。 これはインプラントの前準備としてのGBR 法です。まず、歯肉の中に骨の再生を促す特殊な膜を入れます。 状態によって異なりますが、4〜8ヶ月間骨が成熟するのを待ちます。 その後、膜を除去するとインプラントに適した骨が膜の下に再生しています。 そこで初めてインプラントの植立を行います。この方法は治療期間が長くなりますが、もともと大きく骨の幅が ない人などはこのGBR 法を行ってからインプラントを行う必要性があります。無理な状態でインプラントを 行ったとしても長期的な安定は期待できません。今後のことを考えれば確実な選択といえます。
次にインプラントと同時にGBR 法を行う方法です。
これはインプラントを行うには骨が少ないが(骨幅に問題があるが)、術前GBR 法をしなくても大丈夫な場合に適応します。 インプラントを植立すると同時にGBR 膜を併用します。3〜6ヶ月後に膜を除去し、 後は上部構造を作製するだけです。
当医院ではこうしたGBR 法に対し2種類の膜を使用します。
一つは吸収する膜:Tiuuse GuideTM メンブレンで、もう一つは吸収しない膜:
GORE-TEXメンブレンです。
Tiuuse GuideTM メンブレンはコラーゲンからできており、吸収するため後から取り出す必要性がないので 治療の回数が少なくなります。しかし、この膜には適応症が限られており、 大幅に骨を再生させることはできません。
GORE-TEX メンブレンは吸収しないため後から取り出す必要性がありますが、GBR 法の多くはこの膜を使用します。 GORE-TEX メンブレンは1969年に開発されたもので、歯科領域以外でも、人工血管や人工硬膜、 縫合糸等で400万症例に使用されており、医療分野において非常に高い評価を得ている材料です。
どちらの膜を使用するかは適応症があり、その状態によって異なります。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年8月22日

インプラント治療におけるGBR法

今日もインプラント治療を希望されて来院された患者さんが3名いらしゃいました。
みなさん歯周病の放置による骨吸収が認められた状態でした。
前回のブログにも書きましたが、骨の吸収が起るとインプラントを行うのに非常に大変になります。骨の増大(再生)させる治療法が必要になります。
それがGBR法と言われる治療法です。
今日はGBR法で使用する移植材についてお話します。

GBR法というと骨がない部分に骨を再生させる治療法ですが、その主体となるものが自家骨です。簡単に言えば骨がない部分にご自身の骨を移植するということです。
移植した骨がそのままくっつくのではありません。
移植した骨(この場合は砕かれた細かい骨です)自体はなくなってしまいます。
移植した骨や既存の周囲骨から出て来る骨の元になる細胞が移植した骨をすみかとして繁殖を起こします。
骨の元となる細胞はやはり骨の中が住みやすいのです。もちろん移植した骨の中にもそうした骨になる細胞は含まれています。
それではこうした骨をどこから採取してくるかということですが、ほとんどがインプラントを埋入した手術部位からです。
インプラント周囲の骨から“かんな”のようなもので削り(そぎおとす)取ってきたり、“ノミ”のようなもので骨を叩いて砕き使用します。
なんか大工さんのようですね。
恐い感じがするかもしれませんが、そんなことはありません。
骨を採取すること自体は1分もかかりません。もちろん痛いこともありません。
また採取してくる骨自体もインプラントと同時のGBRであればさほどの量はいりません。
そうですね多くのケースで“みみかき”3〜4杯程度です。
それでもたらない場合には人工の骨を使用します。
人工骨についてはHPを参考にして下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年8月20日

インプラントの患者さん

お盆やすみも明け新規の患者さんも増えています。
特にインプラント治療を希望されて来院される方が多いのですが、そのうちの半数の患者さんは歯周病を放置したままの状態であったため抜歯となった方です。

問題なのは歯周病を放置しておいたために歯の周囲の骨が吸収してしまったことです。
歯周病等がある場合にはきちんと治療をしないと骨はどんどんとなくなってしまいます。
また歯周病の治療をしても保存が厳しい歯はできる限り早めに抜歯しないと状態はどんどんと悪化してしまいます。
患者さんの多くは歯周病が進行した歯であってもできる限り抜歯したくないと思っています。しかし、歯周病の治療をするのであれば別ですが、歯周病の治療をしないでそのままにすることはもっとも危険なことです。最終的に歯を抜歯することになった時に次の治療の選択範囲が限られてしまうか、できない、または治療が困難になるといったことが起ります。
インプラントを選択する場合でも骨がないということは治療自体も困難になってしまうのです。
早めの診査と治療が大切です。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年8月15日

今日は終戦記念日です

今日は終戦記念日です。
昨年、学会で長崎に行った帰りに原爆記念館に立ち寄りました。
学生の頃も長崎、広島とこうした場所に行きましたが、今改めて行くと学生の頃とは違った思いがありました。
長崎では他にも行く予定の場所がありましたが、結局まる半日記念館にいました。

今日、小泉さんが靖国神社に行きましたが、その是非はいろいろあるかと思います。
テレビでは靖国参拝の是非についていろいろと報道しています。
論点がずれないで報道されることを望みます。
戦死した者に対する考え方、外交に対する考え方とさまざまだと思います。しかし、大切なことは過去に戦争があったこと、そして多くの人が亡くなったことを私達は忘れてはいけないということです。

ここ数年終戦記念日には靖国参拝についての報道が多く、戦争に対しての真実の報道が少ないのが残念です。
1年に1回くらい全ての国民が戦争について考える日でありたいものです。
それには東京裁判を含め、真実の報道がきちんとさなれるべきであると思います。

明日から診療が開始します。
あいかわらずインプラントのニーズが多いのにびっくりします。
しかし、その反面インプラント治療費の高さがネックとなり治療を受けられない方も多くいます。
食べることに困っている多くの方にインプラントを普及させるためにはこの治療費の問題をどうにかしなければなりません。
しかし、現実的にはメーカーからの材料費は高くなる一方です。
今後最も大切な課題になるでしょう。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター


2006年7月4日

今日のインプラント:さまざまな治療の組み合わせ

今日の午前中は上顎に5本のインプラント埋入がありました。
1本は抜歯即時インプラントでしたが、他は長い間欠損状態が続いていたため骨の吸収が大きかった症例です。
このブログでも何度か書きましたが、顎の骨に力が加わらないと骨は痩せていきます。
歯がある状態であれば噛むことにより歯の根から骨に力がおよび顎の骨は活性化されます。
またインプラントであっても顎の骨に力が及ぶため骨は活性化されます。
しかし、歯が状態が続くと個人差はありますが、必ず吸収を起こします。
こうなるとインプラント手術は困難となります。
午前中の症例は骨吸収のため骨の幅が狭いところで3mm程度しかありませんでした。
適切にインプラントを埋入するためには最低骨幅は6mmはないといけません。
そのためインプラントの埋入と同じに骨の幅を増大させる方法としてスプリットクレスト法を行いました。また大幅に骨の吸収がある部位にはGBR法を行いました。
それと抜歯即時インプラントも行いました。
なかなかいろいろな治療の組み合わせです。
大変は大変な治療ですが、実際にはこのようにさまざまな治療を組合せることにより治療を行うことが多いのが現状です。
そのためには術前の診断が非常に大切になってきます。
あらかじめどのような状態になっているのかをわかっていないと手術の準備もできませんし、手術自体もスムーズにいきません。
術前診査が適切にできていればどこにどの程度の長さのインプラントを埋入すれば良いのか?
GBR法はどのように行った方が良いのか?スプリットクレスト法等の治療は必要か? がはっきりしtえきます。
行う治療がわかれば治療前に実際にコンピューター上や模型を使用してシュミレーションを行います。
準備ができていれば手術時間も短縮でき、患者さんの負担も軽くなります。

午後もインプラント手術がありますので報告します。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年7月1日

病院でかかった治療費

今日は治療費についてお話したいと思います。
最近は病院にかかると領収書がほとんどの病院ででますよね。
こうした領収書は必ずとっておいて下さい。
医療費控除の時に必要になります。医療費控除の対象となるのは保険診療もそうですが、インプラント治療や矯正治療等の自費診療も対象になります。また通院にかかった交通費もその対象になります。
電車等の切符で(今では電子マネーもありますし…)領収書がなかった場合には通院記録簿を作製しておき、日時、どこに通院したのか、交通費はいくらか等をわかるように記載しておけばかまいません。
また医療費は患者さんにとっては非常にわかりずらいもので、『これはなんの費用だろう?』とか『前回と同じ診療なのに今回は高いのは何故?』等もしわからないことがあれば必ずかかった医院に聞いて明細をもらって下さい。
明細書がない病院はどうかと思いますよね。
私だったらそんな病院にかかりたくないです。
どんな職業であってもいい人もいれば悪い人もいます。
不信なことがあれば必ず聞くことが必要です。

医療費控除についてはHPに詳細が書いてありますので参考にして下さい。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年6月28日

いびき、睡眠時無呼吸症候群の話し

今日はインプラントの話しではなく、いびきについて話したいと思います。
最近テレビ等でいびきや睡眠時無呼吸症候群の特集をしているのを見かけます。
そうなんです。いびきは非常に大きな問題なのです。
いびきをかいている人はおおよそ2000万人以上いるといわれています。そのうちの約1割の人が寝ている間に呼吸が止まってしまう『睡眠時無呼吸症候群『 といわれています。
睡眠は人間にとってとても大切なことです。以前見たテレビでは約7時間程度の睡眠をとっている人が最も長生きするそうです。7時間より多くても、少なくてもよくないそうです。
まあ一般的に仕事をしている方は7時間以上睡眠をとることはなかなか難しいかと思いますが…
ただ7時間の睡眠は必要だということです。ただし、同じ7時間の睡眠と言ってもその内容によるかと思います。夜中になんども起きたりする眠りの浅い人はいけません。
そこで問題となるのが今回のテーマである『いびき』なのです。
いびきをかいているのは眠りが浅い証拠で、その代償として日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、 社会生活にさまざまな支障をきたしています。こうしたことによる事故かと思われることが時々ありますよね。
また長期にわたっていびきをかいていたり、一時的に呼吸が止まる状況が続くと、高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、などを誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねくと言われています。
こうしたことを治療する方法として『いびき防止マウスピース』というものがあります。
このマウスピースは下の顎を若干前方に突き出させた状態で噛合うように作製されたマウスピースです。
この装置を就寝時に口腔内に入れることで、のどの気道がひろがって、いびきや無呼吸がなくなります。
今は多くの歯科医院で作製可能です。
いびきを自覚されている方は一度お近くの歯科医院で相談されてはいかがでしょう。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
2006年6月27日

インプラントが歯周病?

今日のインプラント手術は以前他の歯科医院でインプラントがすでにしてあった患者さんです。
インプラントに歯周病細菌が感染して除去しなければならない状態でした。
インプラントを除去し、新たにインプラントを埋入するという治療を行いました。
インプラントであっても手入れが上手くいかなかったり、インプラント周囲の天然歯が歯周病のため天然歯の歯周病細菌が感染したりして起ります。
このようにならないためにもインプラント治療後は徹底したブラッシングと定期管理が大切になります。
また歯周病がある場合には歯周病の治療を徹底して行ってからでないとインプラントをしても歯周病細菌が感染してしまいます。
歯が無い部分に単にインプラントを行えば良いということではありません。
インプラントを希望される患者さんには歯周病が原因で歯を抜歯されたケースがあります。
歯周病になるということはブラッシングが十分できていないということになります。
何年、何十年もそうした状態があったわけですから歯のない部分のみにインプラントをしてもインプラントも歯周病になる可能性がありますし、残っている天然歯もダメになります。

インプラントの大船駅北口歯科インプラントセンター
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP