最新インプラント症例ブログ

2007年10月12日

抜歯即時インプラント

昨日まで、 GBR法 スプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法) サイナスリフト法等の骨の増大(再生)治療について書いてきました。

そして、骨が吸収する原因として歯周病や 歯根破折があることを書きました。
しかし、歯周病や歯根破折以外でも歯周囲の骨が吸収してしまうことがあります。

それは、抜歯後です。
抜歯するとそこには穴が空きます。
この穴は時間の経過とともに吸収していきます。
そのため、抜歯して時間が経過するとインプラントができないということがでてきます。
そこで、骨が吸収するのを最小限にするため、抜歯した当日にインプラントを埋入することがあります。
これを『抜歯即時インプラント』と言います。

今日は抜歯即時インプラントについての話しです。
bassisokuji







抜歯即時インプラントは患者さんにとって治療期間が短く、麻酔の回数や手術の回数が少ないことは非常に良いことです。

上顎の前歯部は審美的に非常に重要な部位なので、適応基準さえ問題なければ抜歯即時インプラントは非常に有効な治療です。
というのは抜歯を行うと時間の経過とともに、歯を支えていた骨は吸収を始めます。
2ヶ月程度すると頬側の骨は薄い場合には1/3程度吸収してしまいます。
そのため抜歯後歯肉が安定してからインプラントを行おうとするとインプラントを埋入するための骨の幅や高さは減少してしまい、適切にインプラントが埋入できなくなる場合があります。

もし骨が減少した状態でインプラントを行う場合にはインプラントと同時に骨を増大する方法やあらかじめG GBR法を行ってからインプラントを埋入することになります。
通常のインプラントを行うよりも若干大変な治療になりますし、あらかじめ GBR法を行うことになれば治療の期間も長くかかります。
そのため条件さえ合えば、抜歯即時インプラントを行えば、抜歯と同時にインプラント埋入ができるばかりか、骨の吸収を起こす期間もなくなります。
大変有効な治療法です。

しかし、この方法は非常に診断が難しい治療法です。
インプラントをきちんと埋入するためには、埋入したインプラントの周囲に骨がきちんと残っている(インプラントの周囲が骨で囲まれていることが必要)ことが重要です。

抜歯をした場合、抜歯した穴とインプラントの直径がぴったりと適合することはまずありえません。
通常は抜歯した穴よりもインプラントの直径の方が狭いためインプラントの周囲には隙間が若干あきます。
この隙間が小さければ小さい程良いということになります。
抜歯したこの隙間が小さく、周囲の骨の吸収がなければ抜歯即時インプラントは可能です。

しかし、抜歯した穴がインプラントの直径よりもあまりに大きかったり、周囲骨の吸収があまりにも大きい場合には抜歯即時インプラントはできません。
無理をして行うと骨の裏打ちがないため歯肉た退縮し、審美性をうしなうばかりか、インプラント自体もダメ(脱落)になってしまいます。

また抜歯部周囲の骨が吸収してしまう原因としてし歯周病が進行していたり、歯の根が割れてしまい、その割れ目から血液や細菌が侵入し繁殖する結果、膿みとなり周囲骨の吸収を起こすことがあげられます。

また歯周病が進行した歯を抜歯し、即時に行うことは危険があるためあまり行いません。
歯周病になっているということは歯の根の周囲の骨が吸収していて、ぐらぐらしているということです。
その骨が吸収してしまう原因が歯周病細菌なのです。
抜歯をしただけでは骨の中には歯周病細菌がある程度は残ってしまいます。

しかし、実際には抜歯した穴を徹底的にきれいにしてからインプラントを埋入するためまず問題が起ることはありませんが、万が一抜歯した穴に歯周病細菌が残った状態でインプラントを埋入するとインプラントにも細菌が感染し、ダメになってしまいます。

また骨が吸収してしまっているということはインプラントを埋入してもその周囲に骨がないため骨を増大する治療法が同時に必要になってきます。

しかし、骨の吸収が著しい場合には GBR法とインプラントの埋入を同時に行うことは難しくなってきます。
同じ抜歯即時インプラントであっても抜歯する歯がどのような状態で抜歯に至ったかによりその難易度はことなります。
患者さんにとっては抜歯、インプラント埋入、 同時GBR法(骨増大法)を一度に行えば、“楽”ですが、リスクも高くなります。
そのためこうした治療法を選択する場合には術前の診査が非常に重要になってきます。

明日は骨の増大治療の続きになります。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月11日

ソケットリフト法

昨日のリッジエクスパンジョン法(スプリットクレスト法)でも説明しましたが、インプラントを行うにあたりインプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。

そのために、 GBR法 リッジエクスパンジョン法(スプリットクレスト法)を行います。

リッジエクスパンジョン法(スプリットクレスト法)は骨の幅を広げる治療法であることを昨日解説しました。

本日は骨の高さを改善する治療法です。

ソケットリフト法です。

顎と上顎洞との距離が狭く、そのままではインプラントは不可能であるが、 5mm以上の距離がある場合に行う方法です。
通常インプラントを行うのには最低10mm(予知性のある治療を行うのに必要な最低限の骨量と考えている)の骨の高さが必要であるが、ソケットリフト法を応用すれば 5mmの骨の高さがあればインプラントを行うことができます。

方法はオステオトームとい言う器具を用いて上顎洞を押し上げるという方法です。
soketto1
クリックして下さい。拡大されます。





soketto 2
クリックして下さい。拡大されます。






ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月10日

スプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法)

昨日は『歯根破折』について書きました。

インプラントを希望されて来院される方の多くは歯根破折や歯周病等で歯を失った方です。
このような場合、細菌感染を起こし、歯周囲の骨が吸収してしまっていることが多く認められます。
そのため、抜歯後にインプラントを行おうと思っても困難になってしまいます。

そこで、失った(吸収した)骨を再生させる治療法 GBR法があることをこのブログでもホームページでも書いてあります。

インプラント治療を行うためにはこの GBR法は基本的な治療方法です。

それは先程も書きましたように骨の高さや幅が十分な人の方が少ないからです。
GBR法をマスターしなければ、インプラント治療は困難なものとなるでしょう。

今日は GBR法以外の方法で骨の幅を増やす治療法について話たいと思います。

スプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法)です。

通常、インプラントを行うためには、骨の幅が6mm程度ないといけません。
6mmの理由として、通常のインプラントの直径は約4mmあります。
この4mmのインプラントを埋入するためには骨の幅が6mm以上ないとできません。
つまりインプラントの周囲には1mm以上の骨の余剰な幅(インプラントの周囲が全周1mmの骨で囲まれていることが必要)が必要になります。

しかし、現実問題として骨幅が3〜4mm程度しか存在しないことの方が多いのです。

そうした問題点を解決するのがスプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法)です。
この方法を簡単に説明します。

3〜4mm程度しか骨幅がない場合、その骨の中央部分に“ノミ”のようなものを入れます。
“ノミ”の大きさを少しずつ大きく(太く)していき骨の幅を押し広げていきます。
最終的には6〜7mm程度まで骨の幅を広げます。

そんなに骨は広がるのか?ということですが、骨はこの程度は広げられます。
そして広げた隙間にインプラントを埋入していきます。

骨が吸収してしまった場合にはスプリットクレスト法(リッジエクスパンジョン法)、GBR法がありますが、できれば、きちんと骨幅が残っていた方が治療は楽ですし、確実な治療が行えます。

つまり骨が吸収しているような状態では治療は大変だということです。
骨が吸収しないように、歯周病等を放置せず、早期に対応することが大切です。

明日も骨の再生治療について解説します。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月9日

歯根破折

先週は手術が非常に多かったことをブログでも書きました。
その中で骨の吸収が起っており、単にインプラントをするだけでなく骨の増大手術(GBR法)が必要な症例が多くありました。
骨が吸収してしまった原因の一つが歯根破折です。
今日はこの歯根破折について書きたいと思います。

歯の根が割れると割れた部分から血液等が入り込み、中で細菌が繁殖してしまいます。
細菌が繁殖すると膿みとなり歯の根を支えている骨を吸収させてしまします。
骨が吸収すると抜歯後にインプラントをしようとしても骨がないためインプラントをすることが困難になります。
歯の根が折れたらそのままにしておかないことが大切です。
また破折してしまった原因ですが、これは治療側に問題があるというよりは、神経のない状態になった歯は破折する可能性があるということです。
つまり神経と取った状態は血液の循環もなくなります。
よく患者さんに他の例えでお話をします。
神経のある歯は緑の生茂った木だとします。神経のない歯は枯れた木のような状態です。
いきいきとした木は蹴っても折れる可能性が低いですが、枯れた木は蹴ると折れてしまう可能性が高いものです。
血液の通っていない歯は脆く、通常の噛む力でも割れてしまう可能性があります。

できるだけ、神経は取らずにしたいものです。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月8日

インプラントの即時荷重(負荷)

今日の話は1日でインプラント埋入から固定式の仮歯まで行う治療法』です。

現在、総入れ歯を使用していて、
食事や会話中に落ちてくる、
義歯に違和感がある、
義歯が気になり思いっきり笑えない、
硬い物が噛めない、
好きな物が食べられない、
味がわからない、
等 義歯に不満がある方でインプラントを考えているが、治療回数や治療期間がかかるため、治療に踏み切れないという方のインプラントの治療法です。
通常、インプラントを骨に埋め込んでから安定(結合)するまで、上顎で約3ヶ月、下顎で約2ヶ月待ちます。
その後型を取り被せ物の装着を行います。
そのため、どうしても時間(期間)がかかります。

『インプラントの即時荷重(負荷)』とはインプラントを埋入した当日に固定式の仮歯を作製し、装着する治療法です。
もちろんこれは仮歯ですが、固定式であり、今までのような取り外しの義歯ではありませんので、食事や審美的に問題があることはありません。
インプラントには興味はあるが、仕事上どうしても食事ができなかったり、会話に支障が生じるのは困るという患者様にも良い治療法です。

ただし、この方法には適応症があり、全ての患者様に対し行える治療法ではありません。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月7日

静脈内鎮静法

今日はインプラント手術が3件ありますが、2件は『静脈内鎮静法』という麻酔を使用した手術になります。
この『静脈内鎮静法』という麻酔についてはこのブログでも時々書いていますが、外科手術を行う際には患者様にとって非常に楽な治療になります。

静脈内鎮静法を行うと治療中のことはほとんど覚えていない状態になります。
眠っている間にインプラント治療が終了することになります。
治療に不安を持っている患者さんには最適な麻酔方法です。
方法としては点滴をするように血管内(静脈内)に麻酔液を入れます(流します)。
麻酔が効くまで5〜10分程度です。
後はインプラント治療が終了するまで寝ている状態です。
欠点として麻酔が終了しても完全に切れるまで時間がかかります。
通常、静脈内鎮静法による麻酔は麻酔を終了すると5分程度で麻酔はきれます。
麻酔により目覚めた後はぐっすり寝て起きた状態に似ています。
すっきりとした状態です。
患者様によっては『ひさしぶりにぐっすり眠った』という方もいらっしゃる程です。
しかし、麻酔が効きやすい方はその後にも若干“ぼーと”することがまれですが、あります。
患者様により麻酔終了後、
1時間程度効いている場合もあります。

私自身も先日この『静脈内鎮静法』を行いました。
といってもインプラント手術ではありませんが…
胃カメラと大腸カメラです。
以前にも胃カメラは行ったことがあり、その時には特に麻酔はしませんでした。
特別苦しいものではありませんでしたが、始めのどを通る時に少し苦しかったため、今回は『静脈内鎮静法』にしました。
やっぱり楽でいいですね。

静脈内鎮静法でインプラント手術を受けた患者様は次にインプラント手術をされる際にはほとんどの方がまた静脈内鎮静法を希望されます。
楽ですからね。

ただし、欠点として治療時間が長くなります。
通常の治療時間よりもかなり時間に余裕をもっていらしていただきます。
また、麻酔の効き方には個人差があり、治療後暫くぼーっとする方もいらしゃいますので、
車やバイク、自転車等での来院はできません。

1〜3本程度のインプラント手術であれば、通常の虫歯を削るような麻酔でほとんどが大丈夫ですが、複雑な治療や埋入本数が多い場合には有効な麻酔方法です。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月6日

抜歯即時インプラント

今日も手術が多い日です。
この3日間(金、土、日)で16件の手術があります。
昨日も1日中、手術している感じでした。

今日はその手術の中の話をしたいと思います。
bassisokuji



画像が小さいのでクリックすると拡大します。
昨日行った1件は抜歯して即時に埋入です。
抜歯即時インプラントという治療は時々行うことですが、そのほとんどが虫歯等で抜歯したり 歯の根が折れたり(折れてすぐの抜歯が望ましい)した場合がほとんどで、歯周病が進行した歯を抜歯し、即時に行うことは危険があるため あまり行いません。
歯周病になっているということは歯の根の周囲の骨が吸収していて、ぐらぐらしているということです。
その骨が吸収してしまう原因が歯周病細菌なのです。
抜歯をしただけでは骨の中には歯周病細菌がある程度は残ってしまいます。
しかし、実際には抜歯した穴を徹底的にきれいにしてからインプラントを埋入するためまず問題が起ることはありませんが、万が一抜歯した穴に歯周病細菌が残った状態でインプラントを埋入するとインプラントにも細菌が感染し、ダメになってしまいます。
また骨が吸収してしまっているということはインプラントを埋入してもその周囲に骨がないため骨を増大する治療法が同時に必要になってきます。
しかし、骨の吸収が著しい場合には骨の増大法( GBR法)とインプラントの埋入を同時に行うことは難しくなってきます。
同じ抜歯即時インプラントであっても抜歯する歯がどのような状態で抜歯に至ったかによりその難易度はことなります。
患者さんにとっては抜歯、インプラント埋入、 同時GBR法(骨増大法)を一度に行えば、“楽”ですが、リスクも高くなります。
そのためこうした治療法を選択する場合には術前の診査が非常に重要になってきます。

抜歯即時インプラントについての詳細は こちらをご覧下さい。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月5日

インプラントの埋入のための骨の硬さ(骨質)

今日はインプラントの骨質について話したいと思います。

インプラントを行う際には骨の硬さがインプラントの治癒を大きく左右します。
上顎の骨は多くの場合軟らかいことが多く、インプラントの安定には適しているとは言えません。しかし、軟らかい骨の方が血液の循環が良いことが多く、治りとしては良いこともあります。
下顎の骨質は硬く、インプラント埋入直後の安定は良いのですが、硬い骨は血液の循環が悪いことがあり、治癒としては良くない場合があります。
しかし、硬いといってもその差はあり、非常に硬い骨でなければ得に問題は起りません。
当医院でも年間400本程度のインプラントがありますが、治癒がよくないであろうという非常に硬い骨は2〜3ケース程度です。
このように血液循環が良くない(出血が少ないということ)場合には埋入時に出血を多くさせてインプラント周囲に血液が行き渡るようにします。
そうすることにより対応するのです。

次に下顎の骨質についてです。
インプラントを埋入する際にはインプラントの直径より若干狭い穴をあけます。
例えば私が使用しているI.T.Tインプラントでは一般的に直径4.1mmのものを使用します。そのためには3.5mmの穴を開けます。少し小さめの穴に埋入することにより、きつく固定されることになります。
これが緩くなるとインプラントは安定しないことになります。
この穴を開けるためには専用の規格されたドリルで行うのが通常の方法です。
しかし、上顎の骨は軟らかいためあまりドリルを使用しないことがあります。3.5mmより細いドリルまで使用し、それ以上はドリルを使用しないで、キリのような円柱状の器具を骨に開けた小さな穴に入れ、叩いて穴を押し広げるといった方法をします。
骨は削らないため、横に押し広げられます。そのため骨は圧迫され、密になります。
つまり骨は凝縮され、硬くなるということです。


ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月4日

インプラントの手術方法(1回法と2回法の違い)

インプラントの手術方法には1回法と2回法があります。
その名のとおり、1回の手術を必要とする場合と2回の手術を必要とする場合の2つの方法があります。
様々なホームページで1回法が良い、2回法が良いといった意見がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

先に結論から話しますが、どちらの治療法が良いということではありません。
もともとインプラントは1950年にスエーデンの化学者ペル・イングウァール・ブローネマルク博士によって発見されたもので、その当時は2回法でした。
このインプラントシステムはブロネマルクインプラントと言い、最も歴史のあるインプラントであり、研究や臨床報告も非常に多数あり、現在でも最も信頼性のあるインプラントの一つです。
その後2回法の欠点を補うべくスイスから1回法のインプラントが開発されました。
これがI.T.Iインプラントです。
現在日本において30種類以上のインプラントが使用されていますが、 I.T.Iインプラントはその中で最も研究報告が多く、優れたインプラントと言えるものです。
つまり、1回法、2回法というものはもともとはインプラントの開発コンセプトの違いから生じたものです。
現在のインプラントの多くはブロネマルク、I.T.Iを模範して作られたものです。
当医院ではI.T.Iインプラントを使用しています。
その理由は顎の小さい日本人には適しているインプラントであることと、歴史的な背景(研究成果)、臨床成績に非常に優れたものであること、治療期間が短いことがあげられます。
その他のインプラントがダメということではありません。
私達歯科医師自信も使用するインプラントを選択するためには色々な条件のもとに選択をしていきます。
インプラント自体の器具の料金もその選択肢にはいります。
安いインプラントであれば治療費自体も安くできます。(医療以外では当たり前ですが)
しかし、体(骨)の中に埋め込む医療器具ですから先程説明した信頼(研究と臨床の使用期間からの実績)がなにより重要になってきます。
その信頼を見極めるには、
『そのインプラントがどのような経緯で基礎研究がなされてきたのか?』 
『臨床において世界中でどの程度使用されているのか?』 
『臨床使用年数はどれくらいで、問題は起きているのか?』 
『正確な判断ができる臨床機関での成功率はどれくらいであるのか?』
から判断します。
話しは長くなりましたが、まず歯科医師自身がどのインプラントを使用(選択)するかによって1回法か2回法かが決まります。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
2007年10月3日

『レントゲン』そんなに撮影しても大丈夫?:人体への影響;その3

今日も昨日と同様に『レントゲンの影響』についてです。
x-1







Q 海外旅行をすると被曝する?
A 自然界にも放射線は存在します。
自然放射線被爆量は航空機の利用によりさらに増加します。
特に海外旅行では被爆量は急激に増加します。
東京大学医学部の甲斐倫明先生らによる 成田―ニューヨーク路線の往復被曝線量の計算値は約86ミリ シーベルトとされています。
これは、胸部レントゲン1枚(65ミリ シーベルト)の撮影より、米国往復の被爆量は多くなることを示しています。

また、同じ航空機の利用でも北極圏航路を取ると被曝量は多いようです。

最後に…

通常 医療で受ける放射線量を気にする必要性はありませんし、事実 生体に影響はありません。
それより、レントゲン撮影を避け、的確な診断ができない方が問題は多いと思われます。
以下は医療で行うレントゲン撮影において部位別に受ける放射線量です。
歯科で使用するレントゲン撮影がいかに少ないかわかると思います。

    
    撮影部位     1回当たりの有効線量
               (ミリ シーベルト)
     
     頭部         0.10
     胸部         0.07
     胃          3.3
     腰椎         1.4
     膀胱         2.5
     股関節        0.34

集団検診:胸部         0.05
集団検診:胃          0.06

  歯科:デンタル       0.229
    (虫歯撮影)
  歯科:パントモ       0.043
    (顎全体撮影)     

明日からはまた新しいテーマになります。
x-2







ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ
クリックしていただくとランキングに1票入ります。


大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP