歯周病専門医サイトブログ

2014年9月8日

噛みしめ・くいしばりを防ぐために:TCH(上下の歯の接触癖)

2014年 9月 8日(月曜日)です。

このブログは、歯周病に関するブログです。

スタッフ募集(アルバイト / パート)
詳細は、以下をご覧になって下さい。
    求人情報


休診案内
9月23日(火)は、秋分の日のため休診となります。



今日のテーマは、『噛みしめ・くいしばりを防ぐために:TCH(上下の歯の接触癖)』になります。


暫くの間、歯周病の話ではなく
「なぜ 金属の詰め物は 取れるのか?:虫歯治療で行う 金属治療 の問題点!」
という内容で12回に分けて解説してきました。

現在 この12回分の内容をまとめています。
今週末には、まとめが終わり、HPにアップする予定です。
アップは、金属アレルギー外来 にてご覧にいただけます。

アップが完了しましたら各ブログでも報告します。


さて本日の内容です。

歯周病と噛み合わせには、非常に大きな関係があります。

歯周病を悪化させる非常に大きな要因が噛み合わせです。
噛み合わせに問題がある方は、歯周病は治りにくいです。

本日は、歯周病が悪化させる 噛みしめ や くししばり といったことを解説します。

また、この「噛みしめ や くいしばり」は、顎関節症にとっても重要なことです。


今日のブログのキーワードは、「TCH」です。

TCHってなんだろう?

こうしたことから解説していきたいと思います。


上下顎の歯が接触する時間は、1日の中で20分以下と言われています。

通常 上下顎の歯が接触するのは、
物を噛む時(咀嚼:そしゃく)と
飲み込む時(嚥下:えんげ) 、
会話時  等 に
瞬間的に触れるだけなのです。

それ以外の時間帯では、上下顎の歯が触れることは基本的にありません。

しかし、上記以外でも上下顎の歯が接触することがある場合があります。

その一つが 噛みしめ歯ぎしり 等の習癖です。

また、本を読んだり、パソコン 等 下を向く動作が多い方では、
上下顎の歯が自然に接触する機会が多くあります。

他にもスポーツ、車の運転、料理、洗髪、
「黙って集中して作業する行為」や
趣味に没頭する時 等
でも歯を接触させる機会があります。

さらに 緊張状態が続く方では、日常から歯を接触させる行為が続くことがあります。

上下顎の歯が触れない状態「安静位」と言います。

本来 咀嚼時、嚥下時、会話 等で上下顎が瞬間的に触れる以外には、
この「安静位」を保つことが重要です。

例え 強く噛んでいなくても 
上下顎の歯が触れると 口を閉じる筋肉(閉口筋)は働きます。

上下顎の歯が触れている間は、筋肉が働き続けるのです。

こうした歯の接触時間が長くなれば、なるほど筋肉は疲労してきます。

また、口を閉じる筋肉(閉口筋)が働くと、
顎の関節は上方に押さえつけられるので、顎関節の血流循環が悪くなります。

このことを例えると 
正座を長時間すると足がしびれることと同じようなことが起こっているのです。


こうした無意識中の歯の接触を
T C H( Tooth Contacting Habit ):歯列接触癖」と言います。

ここで本日のキーワードが出てきました。

TCHは、東京医科歯科大学の木野先生らのグループが発表したことです。

東京医科歯科大学の顎関節治療部は、
顎関節症で悩む患者さんが年間2.000人以上来院する世界でも有数の顎関節治療医療機関であり、
長年の臨床研究から
多くの顎関節症状のある方にT C Hの改善治療を行った結果、
非常に高い効果があったことが実証されています。

また、T C Hが生じると 顎関節部に問題が起こるだけでなく、
歯は摩耗(歯がすり減る)し、
知覚過敏症が起こったり、
歯自体にダメージが加わりダメ(咬合性外傷)になったり、
神経のない歯では折れる(歯根破折)ことが起こりやすくなります。

食いしばり や 歯ぎしり 等 のことを専門用語で「ブラキシズム」と言います。

T C H も ブラキシズムの一種ですが、
食いしばりとの大きな違いは、噛む力の大きさ(強さ)と自覚の有無です。

最大咬合力の約70〜80%の力で噛む(食いしばる)ことで
「噛んでいる」と自覚します。

通常 自覚のある 食いしばり の場合には、自覚した時点で噛むことを止めます。
また、筋肉自体も疲労するために、あまり長時間におよぶことはありません。

それに対してT C H は、単に歯が接触するだけですので、
噛む力の大きさ(強さ)は弱いです。
弱い力のために、自覚することが非常に少ないのです。

しかし、弱い力でも長時間作用すると顎関節部 や 歯 に問題が起こります。
こうした長時間の弱い力の方で問題が起こっている方が多いことが分かっています。

T C Hの治療(改善方法)として、
認知行動療法を応用したリマインダー法
(TCHを行っているが確認する合図を設定する方法)が有効とされています。

治療法については、
患者様の症状によっても対応が違いますので、
通院されている歯科医院があれば、担当医に聞いて下さい。

私自身、
認知行動療法を応用したリマインダー法は非常有効な方法であると実感しています。



来週の月曜日(9月15日)は、祝日ですので、
このブログも休みです。

次回のブログは、9月22日(月)になります。




最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、以下をクリック           
歯周病は横浜歯周病情報センター

インプラント専門サイトは、以下をクリック       
鎌倉インプラント情報センター

総合サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP