歯周病専門医サイトブログ

2015年2月9日

歯周病治療の基本は 早期発見 早期治療!

2015年 2月 9日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

始めに診療時間変更についてです。
2月8日(日曜日)の診療は15:30までとなっております。


次のお知らせです。
歯科助手急募
歯科助手を急募しています。
時給 等の詳細は以下のページをご覧下さい。
アルバイト募集要項


もう一つお知らせです。
現在インプラント基礎ブログで 最近よくあるご質問の
「ジルコニア」について掲載してありますので
ご興味のある方は、以下をご覧になって下さい。
新しい歯科材料 ジルコニア について



さらにも一つお知らせです。
普段 土曜日の診療はかなり込み合っており、
インターネットの予約枠は、
1ヶ月ほど先までうまってしまうことが多かったのですが、
今週末(2月7日:土曜日)は、キャンセルが多くあったことと
新しい先生も加わり、
土曜日は4名の歯科医師が在籍することになったため、
現時点で予約が若干あいています。
ご希望の方は、以下から予約をご利用下さい。
インターネット24時間オンライン予約



さて本題にはいります。

今日のテーマは、『歯周病治療の基本は 早期発見 早期治療!』になります。

私が歯周病専門医であることから
当院を受診される患者様の多くは、歯周病が非常に進行された方です。

現在通院されている歯科医院で
「歯周病が進行しているから抜歯しないといけない!」と言われたり、

「歯がグラグラして噛めない!」
「出血がある!」
「腫れて痛い!」
等の問題があるので
「もしかしたら 歯周病かも…」
とお考えになりご来院される方も多くいらっしゃいます。

もちろん徹底した歯周病治療により改善される方も多くいらっしゃいますが、
あまりにも進行した歯周病の場合には、
どのような治療を行なったとしても 治らないケースはあります。

歯周病が進行するには、
さまざまな理由があります。

その一つ一つを改善(治さない)させないと歯周病の進行を止めることはできません。

歯周病が進行している方の特徴として、
悪い状態を放置してしまっていることがあります。

歯周病は感染症です。

もし歯周病の進行があまりにも進んでしまった場合には、
抜歯しか方法がない場合もあります。

しかし、どうしても抜歯を避けたいと強くお考えになられる方の場合、
抜歯という言葉を聞くだけで、
通院を中断してしまうことがあります。

抜歯 イコール 悪い歯科医院
という図式です。

もちろん 徹底した歯周病治療を行なえば、
十分治る状態の歯周病も当然のことながらあります。

こうした場合、
徹底した歯周病治療を行なわないような歯科医師であれば、問題です。

治療することで、歯周病の進行を止めることができるのですから…


しかし、あまりにも進行した歯周病の場合には、
どのような歯周病専門医であっても治すことが難しい場合があることも事実です。


問題なのは、
先ほど記載しましたように
抜歯という言葉を聞いた途端
通院を中断してしまうことです。

歯周病は感染症ですから
進行した歯周病を放置することで
必ずその歯に存在する歯周病細菌は、他の部位へと転移します。

結果的に
歯周病が治らないだけでなく、
歯周病細菌が転移して さらに多くの歯を失うことになります。


こうしたことは、本当によくあることです。

歯周病の放置です。

例えば、ガン(癌)という病気があったとします。
初期であれば、薬で治るかもしれません。

放射線治療 等でも治るかもしれません。

しかし、どうしても手術(切除)を行なうことで、
癌となっている部分を取り除かないと
転移を止めることができないケースがあることも事実です。

このような場合、早く対応しないと
他の臓器にどんどんと転移してしまう癌もあるのです。

しかし、
「手術は絶対に嫌!」
「切除するなんて怖い!」
等で
治療が中断することもあります。

しかし、嫌といっても
癌の進行が止まってくれるわけではありません。

なにもせずに考えている間に病状が進行してしまうこともあります。

歯周病もまったく同じです。

単に嫌(抜歯 や 歯周病治療が嫌)というだけで
なにもしなければ、どんどんと歯周病は進行してしまうのです。


早く治療を開始すれば、
治療も簡単に行なえますし、
予後(将来性)も高くなります。

治療が簡単に終えることができれば、
通院期間も少なくなりますし、
治療費も抑えられます。
将来的な不安も少なくなります。

しかし、放置すれば、
治療期間、治療回数も多くなり、
治療費も格段に高くなります。
そして、歯周病治療を行なったとしても 将来的なリスクは高いままです。

放置をしてなにも良いことはありません。

ご自身の病気としっかり向き合うことが非常に大切なのです。

自己判断は絶対にいけません。


また、歯周病といっても
さまざまなタイプがあります。

慢性歯周炎 といわれるタイプは、
一般的な歯周病治療で改善できる可能性は高いです。

しかし、
侵襲性歯周炎 と言われるタイプや

口腔清掃状態が良好な方で
歯周病治療を行なっても改善傾向が認められない
治療抵抗性歯周炎 患者さん、

口腔清掃状態が良く、
定期管理(メインテナンス)をしっかり行なっているにも関わらず再発傾向が高い
難治性歯周炎患者さん

といわれるタイプの歯周病では
通常の歯周病治療を行なっても改善が認められないことがあります。

こうしたタイプの歯周病は、
全体の10〜20%の方で発症していると言われています。


こうした場合には、はやり歯周病専門医を受診された方が良いでしょう。

また、このブログは、歯科医師の方も多く見ていらっしゃるかと思いますが、
侵襲性歯周炎のような 改善傾向が認められない歯周病の患者様がいらっしゃられた場合には、
是非お近くの歯周病専門医に紹介して下さい。

早ければ早いほど治る可能性は高くなりますので、
ためらわずに 早く歯周病専門医へ紹介していただければと思います。


お近くの歯周病専門医は、以下のサイトで確認できます。
日本歯周病学会 歯周病専門医一覧


本日のタイトルでもある
「歯周病治療の基本は 早期発見 早期治療!」
ということが本当に大切なのです。




このブログが始まって以来 毎週月曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週月曜日にアップしたいと考えております。


最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP