歯周病専門医サイトブログ

2015年8月3日

歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査

2015年 8月 3日(月曜日)です。


このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。


始めに夏期休診の案内です。
8月12日(水曜日)〜17日(月曜日)まで休診となります。

多くの歯科医院ではお盆休みがありますので、
痛み等問題のある方は、早めに治療開始された方が良いでしょう。


予約は以下をご利用下さい
24H インターネット オンライン予約


今日のテーマは、
『歯を磨かないと歯周病になるのか? 歯を磨けば歯周病にならないのか?歯周病細菌遺伝子(DNA)検査 』になります。


最近は、この歯周病細菌遺伝子(DNA)検査をご希望されて来院される方もいらっしゃいます。

これは DNA検査 という名前自体が多くの人に認知されてきたかただと思います。


現在歯周病に問題がない方でも
当然のことながら 
今後歯周病で問題が起こる可能性はあります。

それでは歯周病は誰にでも起こる病気なのでしょうか?

本日はそうした話を論文からみたいと思います。

歯を磨かないと歯周病になるのか? 
歯を磨けば歯周病にならないのか?

という話です。

非常に興味のある話ですよね。

これは
Loe H, et al Natural history of periodontal disease in man
J Clin Periodontol. 13(5):431-45 1986 May

という論文から抜粋した話です。

簡単に言えば

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない
スリランカの紅茶農園の労働者480人を
未治療のまま15年間定期的に検査し
歯周病の発生 や 進行 がどのように起こるかを観察した論文です。


日本ではあり得ないような研究ですよね。

15年間もまったく歯磨きをしない人を
観察するわけですから…

しかも、虫歯 や 歯周病になっても
まったく治療もしないで
単に状況観察だけを行なっているわけです。

それを480人ですからね。

大変なことです。

さて今回の調査対象年齢ですが、
検査当初の年齢は
14歳から31歳の範囲でした。

比較的若い方を調査対象としたのです。

480人です。

調査は、1970年に始まりました。

その後
1971、
1973、
1977、
1982、
1985年

それぞれ どのような状態になっているかの検査を実施しました。

この検査に参加し480人は、
共通して汚れが多量に付着して
歯石 も多く確認されました。

当然と言えば 当然です。

1回も歯を磨くことがないのですから…

それでは
こうした人は、歯周病になったのでしょうか?

普通に考えれば、
若い頃から 歯をまったく磨かないのですから
歯周病は当然のこと、
虫歯も多くあることが予想されます。

結果は以下のようです。

9割が歯周病となり
残りの1割はほとんど歯周病にはならなかった

約10%の人は、
歯周病になにも問題がなかった?

15年間もまったく歯を磨かないのに?

1回も歯を磨くことがないのに
10%の人は歯周病になにも問題がなかったの?

ということになります。

内訳は以下です。

8%が急速な歯周病の進行がみられ

81%が中程度の歯周病の進行がみられ

11%がほとんど歯周病の進行がみられなかった

ということです。


口の中が汚れや歯石の塊だらけの状態でも
その状態を15年間放置したとしても
11%も歯周病にならなかった人がいたのです。


一方、
8%は15歳でも歯周病になってしまったりと
歯周病の発症が早く
また ものすごい勢いで歯周病が進行し
35歳で歯を平均12本失い
40歳で20本
45歳前に歯を全部失ったのです。

この調査からなにが分かったのかと言いますと
もともと
歯周病のリスクがある方と
歯周病のリスクの低い方がいるということです。

これは、歯周病細菌の質や種類による影響が強いことが考えられるのです。

想像されることは、
歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない労働者ですから

日本のような国と違い、
生活習慣は、ほとんど同じと考えられます。

食生活や睡眠等にもさほど大きく違いはないと考えられます。

歯周病は、生活習慣の因子が大きい疾患です。

糖尿病 等の全身疾患をもった方や
喫煙者
では、歯周病のリスクが高まります。

睡眠 や ストレス
等も影響します。

歯を磨く習慣のない
また 歯を治療した経験もない地域ですから
そうした影響は最小限に少なくすることができるかもしれません。

同じ条件であっても
約10%の人は、まったく歯周病に問題がなかったのです。

しかし、
約10%の方は、急激な歯周病の進行が認められ、
どんどんと歯が抜けてしまったのです。

この違いはなんなのでしょうか?

次回のブログでは、
こうしたことについて解説します。


来週の月曜日にこの続きをアップ予定ですが、
今月は講演の数が3つあり、
毎日発表スライド作製に追われています。

もしかすると来週の歯周病ブログは延期するかもしれませんが、
できるかぎり来週もこの続きをアップしたいと思います。

 


このブログが始まって以来 毎週月曜日にアップしていましたが、
現在 毎週 大学病院で外来診療と講義を行うことになったため、
ブログの更新が不規則になると思います。
毎週ご覧になっていただいている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ご理解いただければと思います。
できるかぎり毎週月曜日にアップしたいと考えております。


最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP