歯周病専門医サイトブログ

2016年2月15日

噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=:その2

2016年 2月15日(月曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科 歯周病専門サイト」です。

今日のテーマは、
『噛みしめ・くいしばりを防ぐために = TCH(上下の歯の接触癖)=:その2』
になります。

前回の続きです。

T C Hの治療(改善方法)として、
認知行動療法という方法があります。
(TCHを行っているが確認する合図を設定する方法)が有効とされています。

以下が具体的な方法です。

まず、ポストイット や シール のような貼付ける印(10枚程度)を用意します。

この印を普段よく目にする場所に貼っておきます。

例えば、携帯電話とか トイレの扉とか パソコンとか 冷蔵庫とか
どこでもよいです。

そして、その印(ポストイット や シール 等)を見た時のみ
歯を接触させていることを自覚します。(TCHの自覚)

そして、その際にわざと一瞬ですが 歯を強く接触させてみます。(食いしばる)

この時、肩に力をいれて 肩を挙げて 食いしばる仕草も一緒に行った方が良いでしょう。

歯を接触させた後 すぐに力を抜き 歯の接触を止めます。

肩の力も一瞬でぬき脱力させます。

わざと噛みしめるのは一瞬です。

こうした行為を付けた目印を見るたびに行います。  

これだけです。

臨床研究では、こうした認知行動療法を応用したリマインダー法を行うことで、
数ヶ月から半年程度で多くの方でTCHが軽減してくるようです。

この方法は、
医院に行かなくてもご自身でできること、
治療費もかからないこと
薬のように副作用がないこと
が大きな利点です。

是非実施してみて下さい。






最新インプラント症例ブログは下記をクリックして下さい。
最新インプラント症例ブログ

インプラント基礎ブログは下記をクリックして下さい。
インプラント基礎ブログ

口臭外来ブログは、下記をクリックして下さい。
口臭外来ブログ

メール無料相談は こちらをクリック                          歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。


大船駅北口歯科サイトは、以下をクリック              
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科
最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP