最新インプラント症例ブログ

2007年6月11日

インプラント 歯周病 専門医のブログ:チームアプローチによる歯科治療:10

チームアプローチによる歯科治療:10

さてチームアプローチによる歯科治療も今日が最終回です。

今日は若い歯科医師の話です。

もちろん若い歯科医師の基準はありませんが、
だいたい、卒業後5〜6年程度(10年以下でもいいかもしれません)
であろうと考えられます。

歯科医療は歯科医師1人で全てを行うことには無理があります。

このシリーズで何度も書きましたように 歯科治療には大変時間がかかります。
口腔内全体的な治療であれば、
1人の患者様に対し、2〜3時間かかることもあります。
また一度の何本ものインプラントを埋入するなどの 大きな手術であれば、同様に時間がかかります。

治療自体も『質』を追求すればどうしても 時間がかかります。
私自身、1日に診療できる患者様の人数は 5〜6人が限界です。

しかし、この人数ですと 治療を希望されて来院される患者様を 全て診察することはできなくなってしまいます。

全ての治療を私一人では行えません。

そこで私自身が どうしても行わなければならないこと、
例えば、インプラント手術や 難しい外科手術( サイナスリフト法 GBR法)、噛み合わせの難しい症例、
歯周病の骨再生治療( GTR法、エムドゲイン法)等です。
また治療計画も最終的には私自身がたてる必要性があります。

これもこのシリーズで書いてきましたが、治療計画にかかる時間は
1日最低でも2〜3時間はかかります。
多い日ですと4〜5時間なんていう日もあります。
診療以外に行うことはいっぱいあります。

そのため、全ての治療を私、1人が行うのは物理的に無理になります。
患者様の予約も取れません。

そのため、私以外の歯科医師が 十分行える範囲の治療は 行ってもらいます。
例えば、歯周病の初期段階の治療である
歯周病細菌除去療法( ルートプレーニング)です。
これもこのシリーズで書きましたが、歯科衛生士や若い先生が行う治療範囲です。
実際には私より“うまい”と思います。

歯科衛生士では最低7年のキャリアがありますから…

そうしたトレーニングされた、歯科医師と歯科衛生の協力があってこそ
患者様をお待たせせず、通院回数をできるかぎり少なく、
また治療期間をできるかぎり短く といった治療が可能になります。
効率の良い治療は結果的に良い治療になります。

全てのスタッフに感謝をしなければなりません。

おいしいレストランでも 1人の料理人が掃除から具材の買い出し、皮むき等の料理の下処理、後片付け、配膳、会計等 全てをまかなうことはできません。
どんな一流の料理人でも…

優秀なスタッフがそろっているからこそ、『質』を求めた歯科治療が可能となるのです。

これで『チームアプローチによる歯科治療』は終了です。
明日からまた新しいテーマになります。

ブログランキングにご協力下さい。下記をクリックして下さい。
人気blogランキングへ

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、GBR法、サイナスリフト、審美インプラント等の難症例も行います。
HPでは治療費(費用)の説明やインプラント症例、無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP