最新インプラント症例ブログ

2017年8月3日

インプラント症例

2017年 8月 3日(木曜日)です。

このブログは「大船駅北口歯科  インプラント症例専門サイト」です。

ここ最近にインプラント手術を行なった症例を紹介します。

まず1症例目です。

下顎左側奥歯に2歯が欠損していました。
よくある症例です。

この方の場合、下顎の左側で噛めないため、義歯もしくはインプラント治療による治療法が考えられますが、
義歯の取り外す面倒さ と 義歯に対する違和感、義歯への抵抗感から
インプラント治療を選択されました。

インプラント手術から約2〜3ヶ月後には噛めるようになります。

次の症例を見ましょう。
先程の患者様と同様に下顎左側の奥歯にインプラントを行なった方です。
下顎左側奥歯は、ブリッジとなっており、
一番奥歯は、保存が厳しい状態でした。

抜歯すると2歯が欠損となります。

先日2本のインプラントを埋入しました。
以下は初診時です。

以下がインプラントを埋入した当日のレントゲンです。

使用したインプラントはストローマンインプラントです。
世界で最も多く使用されており、
歴史が長く、
圧倒的な研究量があり、
信頼性の高いインプラントと言えます。

ストローマンインプラントの欠点は、
材料費が非常に高いことです。

材料費が高いということは、歯科医院の利益率が低いインプラントメーカーと言えます。

世界には、無名だが、非常に安価なインプラントメーカーも存在します。

中国 や 韓国 等の製品の中では、
非常に安価なインプラントメーカーが存在します。

そのインプラントメーカーを使用すれば
確かに治療費を抑えることが可能になりますし、
歯科医院自体の利益率も高くなります。

しかし、まだ歴史の浅いインプラントメーカーであったり、
信頼性の低いインプラントを使用することにどうしても抵抗があります。

また時々 新しいメーカーの場合、
倒産してしまい、パーツの供給が終わってしまうこともあり、
そうなると治療を受けられたインプラントにトラブルが起こった場合、
対処できないということもあります。

また、患者様が治療後に引っ越された場合で
治療を行なった歯科医院に通院が困難となる場合があります。
こうした場合、引越し先でも確実に使用されているインプラントが安全性が高いです。

ストローマンインプラントであれば、
日本国内は当然のこと、
世界的にも使用頻度が高いので
取り扱っている歯科医院がお近くにないということはほとんどありません。

様々な点からも
シェアーが広く、
信頼性の高いインプラントメーカーを使用することは多くの利点があります。

さて次の症例を見ましょう。
上顎の前歯から右側にかけて多くの問題を抱えています。
グラグラの歯も多く認められます。

それぞれの問題点は以下です。

患者様には×印の歯は抜歯が必要であることを説明致しました。

この場合のインプラント治療計画ですが、
以下のようになります。

インプラントを埋め込む部位は骨吸収を考え、
今回の症例では、できる限り患者様の負担が少ないように
骨吸収が大きい部位への埋入は避けて、
比較的骨吸収の少ない部位へのインプラント埋入となりました。

さてここで問題となるのが
先程抜歯と診断した歯についてです。
先の治療計画では、5歯を抜歯としました。

本当に抜歯しか方法はなかったのでしょうか?
5歯のうち 3歯はグラグラであり どのような治療法をとっても
残す(保存する)ことは不可能な状態でした。

しかし、以下の2歯に関しては、
徹底した治療を行えば、長期的には難しいが
短期間であれば歯を残すことは可能な状態でした。

ただし、徹底した治療を行なったとしても将来性が低いのは確かですが…

この2歯を残した場合の治療法ですが、

欠損部にインプラント治療を行なった場合には、以下のようになります。

当然残した(治療した)2歯については、
被せ物を行います。

これでも治療プランとしては問題ありません。
しかし、将来性は低いので今後確実にダメにはなっていきます。

もし将来的にダメ(抜歯)になった場合には
再度インプラントを埋入し、追加治療となります。

このような治療です。

さてここで最初の治療計画 と 
2歯を治療し、残した後でダメになった場合のインプラント追加の治療を比較しましょう。

結果的に後から抜歯した場合の追加インプラント治療の方が治療費を抑えることができます。
後から抜歯した方が使用するインプラントの本数が多くなるからです。

また当然のことながら
手術も2回行うことになります。

こうした点を患者様に説明させていただき、
患者様ご自身に選択していただきます。

最終的な治療計画は以下になりました。

以下は先日インプラント手術が終わった直後です。

使用したインプラントは、もちろんストローマンインプラントです。

クリックでの応援よろしくお願い致します

治療費
上記の症例をインプラントモニターで行った場合の治療費は以下になります。

インプラント   1本  160.000円(消費税別) 
被せ物(白い歯) 1歯分 100.000円(消費税別)〜 になります。
治療費をさらに抑える方法として 被せ物を金属製にする方法があります。
金属製の被せ物は、 1歯分 90.000円(消費税別)になります。
インプラントの土台(アバットメント)は、1装置54.000円(消費税別)になります。

インプラントモニターの詳細は、以下をご覧下さい。
インプラントモニター詳細

インプラントモニターは期間限定で行なっている制度です。
モニター終了後は通常料金となりますので、
ご希望される方は、お早めに受けられて下さい。

治療費は現時点での費用であり、今後変更になる可能性があります。

当医院のインプラント治療費用の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
治療経過のレントゲン撮影、
セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法)
GBR法(骨増大法:インプラント埋入と同時の場合)
ソケットリフト法 の費用が含まれています。

 インプラントモニター募集(インプラント手術費用20%割引
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
インプラントモニター制度(手術費用から20%割引)

今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

  ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

神奈川県横浜市にある 日本歯周病学会歯周病専門医 国際インプラント学会認定医の歯科医院
I.T.Iインプラント認定医でもあり、 GBR法 サイナスリフト HPでは 治療費(費用)の説明や 無料相談コーナーもあります。

最近の投稿
カテゴリ
アーカイブ

PAGE TOP